夜の木陰

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

ひとつでいいから、大きな枝ぶりの観葉植物が欲しい!

インスタグラムやインテリア雑誌を眺めながら、こんなふうに思っている人は多いのではないでしょうか?

でも、あまり大きなのはバルコニーに出してたっぷり水やりしたり、風にあててあげたりしづらいので悩ましいところですよね。

そこで、この部屋に夜な夜な通っていて発見した『なんちゃって大きな観葉植物』の話です。
 


↑夜になって照明をつけると天井に大きな葉陰ができます
 


↑たねとしかけの照明器具はこんなのです(位置・長さや角度が自在になります)
 


↑実は電球が上下別々にふたつ光っているのです(あのコルビジェのデザインです!)
 


↑この場所で読書をしていると“大きな木の下感”があって、不思議に落ち着くのです・・・
 

 

関連記事

  1. 壁の中はどうなっている?(その1)

  2. 壁の中はどうなっている?(その2)

  3. ロフト付きクローゼット

  4. 大小のロフト収納

  5. すご技?の内装工事

  6. 移動式壁面グリーン

  7. 理想のカスタムキッチン(くぼみ編)

  8. やる気の出るキッチン

  9. いちにちの最後の場所