桜並木を望むキッチン

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

甲突川沿いには桜がたくさん植えられていて、毎年春になると多くの人でにぎわいます。

この部屋からは、ほどよい角度と距離感で対岸の桜並木を眺めることができます。

どうしても毎日立つキッチンからこの景色を見たい! そう思って考えたのが”3階、男子の部屋”のプランです。

そうです。 すべてはキッチンの立ち位置から始まったのです。
 


↑どうしてもここに立って洗い物をしてもらいたかったのです
 


↑キッチンに立つとこんな景色です
 


↑障子を閉めた感じも悪くないです
 


↑こういう位置関係(AFTER)です
 


↑これではテンション上がるはずがありません(BEFORE)
 


↑こんなのキッチン離れも避けられません(BEFORE)

 

この場所に立つのが楽しみになる。

さあ、何つくろうか。

日常の立ち位置ひとつでも、少しだけ人生豊かになります。

 

関連記事

  1. 床の下はどうなっている?

  2. いちにちの最後の場所

  3. 放射式暖房の実力!

  4. キッチンのリノベーション(その1)

  5. ロフト付きクローゼット

  6. 布の表情(窓辺編)

  7. イメージをかたちにする

  8. 真空ガラス

  9. 壁の中はどうなっている?(その2)