自由になる大棚

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

「収納がたくさん欲しい。」皆さんそのように言われるのですが・・・

何をどのくらい、どこに置くか・・・住んでみないと決められないし、住んでるうちに気が変わるものです。

収納は、できるだけ住みながら自由に増やしたり変えられたりするのがやっぱりいいです。

↑使い方の一例 順にはずしてリセットしてみます


↑棚板は壁の板のすき間にはめ込んで、手作りパーツで吊ってあるだけです

↑だから、分解するのに工具も何にもいりません


↑どんどん分解していきます


↑いたってシンプルです


↑一番下の板をはずすと、電気配線も自由になるようになっています

 

大工さん、電気屋さんと考えながらつくりました。

この部屋に住まう人に色々と試していただければ、とってもうれしいです。

 

関連記事

  1. 洗面のリノベーション(その1)

  2. 自由になるレイアウト

  3. 壁の中はどうなっている?(その1)

  4. マンションのためのアイランドキッチン(収納編)

  5. 夜の木陰

  6. 自由になる3つの収納

  7. 大小のロフト収納

  8. いちにちの最後の場所

  9. 理想のカスタムキッチン(くぼみ編)