自由になる3つの収納

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

マンションでは、ほとんどの住まい手が収納に不満をもっているようです。
絶対量もさることながら、場所・サイズ・使い方が限定されていて、“変化”を前提につくられていないことが一因のようです。
 


↑利用しにくいマンションの壁でも、よりどころになる木の柱を設けておくと自由に収納を広げることができるようになります
 


↑玄関が大きくなってウォークインクローゼットみたいに(一回身に着けても洗濯しない上着・バッグ・帽子・靴などはここに収納します)
 


↑靴を脱いで上がると、すぐにもう一つウォークインクローゼット(一回身に着けたら洗濯する衣類などはこちらです)
 


↑玄関土間のウォークインクローゼットの上にはロフトがつくってあります(普段使わない寝具や長物・大物はここ!)
 

関連記事

  1. 失敗しない野菜づくり(その3)

  2. 布の表情(間仕切編)

  3. 真空ガラス

  4. 閉じ込めない収納(その1)

  5. うれしいパーツたち

  6. 桜並木を望むキッチン

  7. 夜の木陰

  8. 外を取り込む工夫

  9. マルチタスク金物