イメージをかたちにする

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

リノベーションでは、色々なものを新しくつくる前に一旦何もない状態にすることが多い訳ですが、何もなくなると現場では基準となるものもなくなってとてもイメージしにくくなります。 そこで、頼りになるのが図面やスケッチです。
 

img_0231f
↑ スケッチは、実際には壁などがあったりして同時に見ることのできない全体観をつかむことができるのです
 

_q8a7749kai
↑ 検討を重ねて、実際に出来上がった様子です
 

img_0329
↑ このような落書きのような絵でも、寸法を入れることで設計図となるのです
 

_q8a7748kai
↑ 発想が見事にに現実のものになりました! ワクワクします!
 

関連記事

  1. 壁の中はどうなっている?(その1)

  2. ロフト付きクローゼット

  3. 外を取り込む工夫

  4. オープンクローゼット

  5. プロの色あわせ(和紙編)

  6. マンションのためのアイランドキッチン(収納編)

  7. 壁面収納おりたたみ座卓

  8. 大小のロフト収納

  9. 失敗しない野菜づくり(その2)