放射式暖房の実力!

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

寒くなってきましたね。

シンケンスタイルリノベーションのコンセプトルームでは放射式空調を採用していますが、これがかなり!あったかいです。

こんな感じの形のもの(最初の動画)で、こんな感じの温度分布(次の動画)になっています。

 

↑暖かさは目には見えませんが・・・スイッチオンでしばらくすると↓

↑サーモカメラ画像の赤い点と数字は最高温度、青い点と数字は最低温度です(天井・床も暖かくなっています!)


↑デロンギ社のオイルヒーター(電気代のわりに暖かくないとの不評も・・・)


↑がんばって発熱しているのですが・・・(サイズが小さいのが問題なのでしょうか)


↑上から見たところ(ホカホカ暖気が上がってきています)


↑なんと、最高温度は100℃を超えています!(そりゃ電気代かかる訳ですね)


↑上部の換気用窓はシングルガラス、下の大きなガラスは真空ガラス


↑シングルガラス部分の表面温度は21℃ 真空ガラスの方はは24℃ぐらいでしょうか(ガラスにカメラを構える私の姿が!)
この幸せな暖かさを何とかお伝えしたくて “新兵器” サーモカメラを購入してみましたが・・・
できればこの冬、是非コンセプトルームで実際にこの自然な暖かさを体感してみてくださいね。(ご予約はこちらから)

関連記事

  1. 夜の木陰

  2. キッチンのリノベーション(その1)

  3. さびしくないプラン

  4. 桜並木を望むキッチン

  5. すご技?の内装工事

  6. 移動式壁面グリーン

  7. イメージをかたちにする

  8. マルチタスク金物

  9. 窓際族の暮らし