床の下はどうなっている?

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

年代の古い一部のマンションを除き、床下にはクリアランスがとってあることが殆どですが、給排水や電気配線などは新築時のプランに最適化されているため新たなプランでの利用には色々と問題が発生することがあります。 既存のルートは廃止して新設する方が合理的に施工できる場合もありますが、どうしても解体後の判断になってしまいます。
imgs8889
●床下には、給排水配管や電気配線が走っていて、現状プランにおいて排水こう配がギリギリとれる高さになっている場合が多いです
img_0067
●電気配線も何本も集まってくると、太くかさばるので狭いスペース内での施工が大変です
img_0214
●どれがどこへ行く線か?解読しながら新しい配線計画に移行していきます

関連記事

  1. 失敗しない野菜づくり(その3)

  2. 自由になる3つの収納

  3. マルチタスク金物

  4. 光を取り込む

  5. 理想のカスタムキッチン(設備編)

  6. 年じゅう居心地プレミアム

  7. キッチンのリノベーション(その2)

  8. 桜並木を望むキッチン

  9. ところてん式空調法