真空ガラス

この記事はシンケンスタイルリノベーションのコラムからの転載となります
———————–

マンションの窓枠は共用部分であり、通常個人の工事では交換することができません。

ガラスについては交換することは可能ですが、管理組合ごとに条件の確認が必要です。

今回は窓枠を変えずに断熱性能をアップするため、“真空ガラス”と呼ばれる薄型ペアガラスに交換しました。
 


↑一定間隔に整然と並ぶこの小さな点が0.2mmの真空層を保持するためのスペーサー(右上の丸いのは空気を抜いた穴の保護キャップ)
 


↑保護キャップ(室外側からみたところ)
 


↑室外側が5mm強化ガラス+0.2mm真空層+室内側は3mm普通ガラス
 


↑こちらは網入りのフロストタイプ
 

真空ガラスの特徴は・・・

◆1枚ガラスの約4倍の断熱性能

◆1枚ガラスに比べて約40%、一般的なペアガラスと比べても約20%のエネルギー削減

◆結露の発生をおさえてクリアな視界確保と室内空気を衛生的に

◆ペアガラスなのに薄型なので今のサッシ枠に収まる

◆2枚のガラスの共鳴がなく遮音効果に優れている

 

・・・すぐれものです。

 

 

関連記事

  1. 洗面のリノベーション(その1)

  2. 理想のカスタムキッチン(くぼみ編)

  3. 壁の中はどうなっている?(その1)

  4. 失敗しない野菜づくり(その2)

  5. 床の下はどうなっている?

  6. 年じゅう居心地プレミアム

  7. どっちがいい景色?

  8. 布の表情(間仕切編)

  9. 理想のカスタムキッチン(設備編)