01.シンケン不動産は、建築屋さんの目を持った不動産屋さんです

不動産屋さんのお仕事は、土地を売りたい方から預かり、買いたい方へ紹介する仕事です。

不動産屋さんは、下の図のように売主と買主が依頼している不動産屋さんが同じであることもあれば、売主と買主にそれぞれ不動産屋さんがいることもあります。

不動産屋さんにはたくさんの新しい情報が集まってきます。
土地を預かっている不動産屋さんはどうしても対応が売主に偏りがちです。
なぜ売主よりになってしまうかというのは次回以降にお話します。

間に複数の業者が入ることでやり取りが遅くなることもありますが、交渉する上では信頼できる仲介の不動産屋さん(上の図ではシンケン不動産)を通す方が有利な場合が多いです。

関連記事

  1. 18.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 6

  2. 05.土地を手に入れるまでの流れ

  3. 02.仲介手数料のしくみ

  4. 19.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 7

  5. 22.土地探しの実例(ヤマモト様の場合)

  6. 17.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 5

  7. 13.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 1

  8. 09.現地確認のチェックポイント

  9. 12.不動産用語集(広告に出てくる用語)