02.仲介手数料のしくみ

 

今回は、知っていると絶対得する「不動産屋さんの行動を左右する報酬のルール」のお話です。

 

分かれ

土地を預かっている業者と土地を売った業者が同一の場合、不動産屋さんは売主・買主それぞれから仲介手数料をもらうことができます
これを不動産業界では、「分かれ」と呼びます。

不動産屋さんは直接預かった土地を売ると、売主と買主の両方から仲介手数料が入るので(両直)、土地情報を聞きに行くと、その不動産屋さんが預かっている土地を勧められます。

 

両直

土地を預かっている不動産屋さん(A社)と土地を売った業者(シンケン不動産)が異なる場合、A社は売主から、シンケン不動産は買主から仲介手数料をもらいます。

不動産屋さんは自社で直接預かった土地を売ると、売主と買主の両方から仲介手数料が入るので、一般の方が土地情報を聞きに行くと、自社で預かっている土地(両直の土地)を勧められることが多くなるのです。

 

関連記事

  1. 17.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 5

  2. 20.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 8

  3. 12.不動産用語集(広告に出てくる用語)

  4. 16.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 4

  5. 21.土地探しの実例(カジハラ様の場合)

  6. 14.「買ってはいけない土地」の見極め方 case study 2

  7. 10.不動産用語集

  8. 01.シンケン不動産は、建築屋さんの目を持った不動産屋さんです

  9. 03.媒介って何?